葦原大介の病気(病名)や再開時期が気になる!体調不良の原因は?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-15-21-43

どうもーモコナです。

ジャンプの人気漫画、
ワールドトリガーが休載となりました。

原因は葦原大介先生の体調不良であり、
再開時期はまだ未定とのこと。

連載を楽しみにしているファンからは、
心配する声が上がっていますが、
一体どういった病気なのでしょうか?

その原因や症状を調べてみました。

スポンサーリンク


葦原大介の病気の名前は?

元々休載が多いことで知られていた、
「ワールドトリガー」。

というのも以前から度々、
連載が滞っていたのです。


公式サイトでも”健康面の都合”と上がっていましたが、
具体的な病名は「頚椎症性神経根症」。

首の症状として知られるこの病気は、
中年〜高齢の人に発症することが多く、
肩から腕に痛みが生じます。

腕や手、指にシベレが出ることも多く、
痛みは軽いものから耐えられないものまで、
程度は個々人によるそうです。
ソース:http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/cervical_radiculopathy.html

病気の主な原因は?

この頚椎症性神経根症は、
首の骨や関節が変形する為、
上を向く事が困難となります。

その主な原因としては首の骨の間にある、
”椎間板”というクッションのような存在が、
年を重ねる毎に弾力を失い、
骨同士がこすれあうようになるからだそうです。

これは加齢によるものがほとんどですが、
日本整形外科学会曰く、

遠近両用眼鏡でパソコンの画面などを、
頚をそらせて見ていることも原因となることがあります。

とのこと。

葦原大介先生はまだ35歳とお若いですし、
人気漫画家ということもあり、
やはり過労がたたったんじゃないですかね。

スポンサーリンク


これまでもきっと、
痛みを我慢して仕事を続けていたんでしょう。

●ワートリのためだけにジャンプを購入していたので寂しいです。
ちょうど新たな展開に入るところだったので楽しみにしていました。
いつまでも連載再開待ってますのでお身体は大事にしてください。
●うわー、これは悲報。
ジャンプで一番好きなマンガなのに···
復帰を楽しみに待ちましょう
●久々に毎週気になる漫画だったので非常に残念です。
体調の回復を心よりお祈りいたします。

連載を望む声が多くあるということは、
漫画家として至極の喜び。

そんな中再び休載とするのは、
きっと本人が最もショックなことだと思います。

ただこのまま悪化させてしまっては、
結局どこかで連載が止まりますし。

ここは思い切って一度長い休養をとり、
しっかりと体を休めて頂きたいと思います。

むしろ時間ができることにより、
今後の展開がより面白くなる可能性だってありますもんね♪

葦原大介の再開時期はいつ?

葦原大介

再開時期の目処ですが、
頚椎症性神経根症の治療期間を参考にすると、
早くても半年、長ければ一年かかると思います。

比較的状態が軽いものは、
1〜3ヶ月程度で治ることもあるそうですが。

恐らく葦原先生の場合、
だいぶ悪化させていそうですからね。

治療の仮定で仕事を再開すれば、
半年よりは早く仕事復帰するかもですが、
ちゃんと治すとなれば、やはり最低でも半年。

新着状況は上にも張った、
ワールドトリガーの公式Twitterで見れますが、
先生の一日でも早い復帰と、病気の治癒を願います。

⇒『ワールドトリガー公式Twitter

スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です