細川佳代子(護煕の妻)の現在とは!娘や旦那についても[画像]

どうもーモコナです。

謎のベールに包まれた総理の妻…

ということで、
今夜、細川護煕元総理の妻、
細川佳代子さんが爆報THEフライデーに登場します。

都内の自宅や娘さんも、
テレビ初公開となるようですが、
現在は何をされているんでしょうか?

娘さんや旦那さんについても、
調べてみました。

スポンサーリンク


細川佳代子のプロフィール


ソース:http://blog.livedoor.jp

名前:細川佳代子(旧姓:上田)
生年月日:1942年
現年齢:75歳
出身地:神奈川県
最終学歴:上智大学英文科卒業

細川佳代子の現在とは

上智大学卒業後、
当時の日本ではまだ珍しい、
女性海外駐在員として、
ヨーロッパ各国に駐在した細川さん。

子供の頃から活動的で、
また誰かの為になる事が、
大好きだったそうです。

その精神は75歳になった今も変わらず、
1994年には知的障害のある人の為の大会、
「スペシャルオリンピックス日本」を設立。

2005年にはスペシャルオリンピックス、
冬季世界大会の日本開催を、
会長として無事成功させています。

また2007年には障害の有無関わらず、
誰もが活き活きと生活できる社会の実現を目指す。

「勇気の翼インクルージョン2015」

を設立。

これまでにダンス、音楽、スポーツと、
様々なイベントを開催しているんですが。

今夜放送される爆報では、
ダンスレッスンの様子も、
放送されるみたいですねヽ(´ー`)ノ

またこれまでに書いた2つの団体以外にも、

◯世界の子どもにワクチンを日本委員会
●ableの会
◯日本フロアホッケー連盟

と数々の非営利団体の立ち上げに貢献。

総指揮をとって、
知的障害のある青年達を追った、
ドキュメンタリー映画5作品の制作、
上映も成功させています。

現在も変わらずに、
NPOの活動に奔走しているようですが、
ここまで誰かの為に動けるって、
本当素晴らしいと思います。

著書「花も花なれ、人も人なれ」には
ボランティア活動への、
細川さんの想いが書かれていますが。

その他にも

●「ともこちゃんが銀メダル」
◯「知ってる?発達障害ワークブックで考えよう」

を出版。

スポンサーリンク


祖母・祖父が喜んでくれることが嬉しい…

というのが、
誰かの為にと思う原点となったそうですよ。

細川佳代子の娘と旦那

元総理大臣である、
細川護煕元さんと結婚したのは1971年の事。

2人の間には娘さんが2人と、
息子さん1人が誕生しています。

次女の名前は裕子さんといって、
細川さんのブログで姿を見ることも♡

⇒「次女の裕子さんの画像
(ソース:http://blog.livedoor.jp)

長女の情報が残念ながらなかったのですが、
息子さんは護光さんといって、
現在陶芸家をされているそうです。

そしてなんとなんと、
元総理大臣の細川護煕さんも、
現在は陶芸家として活動しているんだそうな。

1998年に代議士を辞職、
60歳で政界を引退した細川護煕さん。

現在は神奈川県湯河原町にある、
母方の祖父母が暮らしていた邸宅に、
茶室や工房、アトリエを設置。
(「不東庵」というそうです。)

茶室は藤森照信さん設計だそうですが、
時折展覧会を行い、
畑を耕し好きな本を読む等。

若い頃から憧れていた、
閑居暮らしを送っているんですって。

まとめ

夫の政治活動を支える傍らで、
ボランティア活動を行っていた細川佳代子さん。

誰かの為に…

というよりは、
まだ”自分”が大きくなってしまいますが、
少しずつでも人の為に、
動ける人になりたいな。

人ではないんですが、
実は今年は犬猫の保護活動に、
少しずつ参加しているんです。

ボランティア活動を行なう上で、
とっても参考になると好評なんで、
気になる方はぜひ著書をチェックしてみて下さいね。

著書をチェック 

⇒「花も花なれ、人も人なれ

こんな記事も話題です。

⇒「赤木春恵の今とは

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です