[フラ恋]サキと継美の関係性とは?120年前に怪物と何があったのか!

どうもーモコナです。

フランケンシュタインの恋」冒頭。

120年前に怪物から逃げていた女性は、
津軽継美にそっくりでした。

「サキ」は継美の祖母、
日立叶枝の祖母の妹。

いったい2人がどう繋がるのか、
120年前に怪物とサキの間には、
いったいなにがあったのでしょうか?

*記事修正しました。

スポンサーリンク


サキと継美の関係性とは?

津軽継美サキ

いったいこの2人が、
今後話の中でどう繋がるのか。

怪物は継美を見た瞬間、
明らかに動揺していました。

生きていたんですか
死ななかったんですか

120年前・・・

サキを襲ったのは、
やはり怪物で。

ずっとそのことを気にしていた怪物は、
継美の存在に驚いた。

もしくは120年前に、
既にサキに恋心を抱いていて。

再び再開した今、
サキに瓜二つである継美に恋をした?

ちなみにサキは継美の祖母、
叶枝の祖母の妹。

サキは怪物と接触した後、
症状が悪化しそのまま亡くなっています。

怪物と接触した継美の姉、
晴果がアナフィラキシーショックを起こしたのも。

きっと120年前にサキの姉が、
胞子を吸い込んだことが原因。

子孫にそのまま、
菌の影響が出てしまったんでしょうね〜

継美の症状がヒドいのは、
サキの生まれ変わりだからだと思います。

怪物はどうしてサキを襲ったのか

120年前にサキを襲った怪物。

第2話で明らかになったのですが、
怪物は誕生した当初、
自分のことを人間だと思っていました。

自分のことがなにも分からない中、
サキだけがうっすら記憶にあったのです。

彼女の方も怪物の顔に、
見覚えがあるような表情。

近づこうとする怪物ですが、
目の前で変態してしまいます。

そのことに驚き、
逃げてしまうサキ。

「自分自身が誰なのか」

それが知りたくて追いかけた怪物ですが、
逃げた先でサキは坂を転げ落ち。

スポンサーリンク


心配して近寄った怪物は、
彼女の頬にそっと手を触れたのですが、
後はドラマ内で見たような状態に…

好きな人に触れられない。

それだけでもショックなのに、
自分が触れたせいで死んでしまった訳ですから。

心には大きな傷が…

「僕はなにもしません、
ただここにいるだけです。」

120年という長い間、
怪物が人間の住処に足を踏み入れなかった理由。

父親に止められていたのもそうですが、
また同じ過ちを犯してしまうという、
「恐怖」があったのではないでしょうか。

120年という時を経て、
再び運命的に出会えた2人。

100歳差の恋も素敵ですが、
120年越しの恋だなんて、
尚更素敵ですよね♡

サキは怪物が生きている時の事を、
知っているのか。

もしかすると2人は以前、
恋人関係にあった…なんてこともあるのではないでしょうか!

まとめ

以上サキと継美の関係性、
そして120年前に怪物が、
サキを襲った理由についてでした。

またドラマを見ていく中で、
分かったことがあったら追記していきます。

にしても人間じゃないからと、
怪物に名前さえ与えなかった深志博士。

「お前は感情を持った植物だ」

そう言っていましたが、
感情を持ってしまった以上、
森でずっと1人というのは酷ですよね。

「この私だ私だけはお前の側にいる」

博士はそう言っていましたが、
結局怪物はずっと1人。

人間を造る、蘇らせるというのは、
研究者にとって憧れだとは思いますが。

いくら生き返らせたいとしても、
やはりしてはいけないことなんだと思います。

フラ恋の関連記事

→『フラ恋最終回をネタバレ予想!

→『怪物にキノコが生える理由とは?

→『あまくさソングの歌詞が気になる

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です