ホセフェルナンデスのボート事故の原因や現場が気になる!成績は?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-0-48-09

マイアミマーリンズが、
ホセ・フェルナンデス投手が亡くなった事を、
この度発表しました。

フェルナンデス選手が亡くなったという情報は、
Twitterに載った事で嘘か本当かと、
騒がれていましたが。

まさか事実だったとは…

事故原因や現場について、
分かる範囲でまとめていきます。

*記事を追記しました

スポンサーリンク


ホセフェルナンデスの事故原因は?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-0-48-09

24歳というあまりに早い死。

まず現場の状況ですが地元警察によると、
マイアミビーチの岩礁に衝突し、
転覆しているボートを発見。

長さは10メートル。

その付近で3人が、
亡くなった状態で発見されました。

詳しい事故原因等は、
まだ明らかにされていませんが。

調べてみた所によると、
マイアミビーチはこの時期、
若干波が高くなるそう。

水温は27度なんで、
そこまで冷たくはありません。

岩礁にぶつかり転覆したにしても、
泳いで帰れる距離でなかったのかというのが、
一番気になる所ですよね。

第一線で活躍するスポーツ選手の場合、
人並み以上に筋トレや運動を行い、
身体作りに励んでいると思うのですが…

とても泳げる距離でなかったとしたら、
なぜそこまでいったのか。

時間帯も気がかりですが、
3人もの人が亡くなるなんて。

相当なスピードで岩礁にぶつかって、
そのまま意識を失ったとか、
そういったパターンが濃厚かと思います。

*追記

事故が起きたときの状況が、
少し分かってきました。

ボーツは突き出した岩に、
高速で衝突。

発表によるとフェルナンデス投手は、
溺れたのではなく事故の衝撃により、
命を失っていたそうです。

ホセフェルナンデスの成績

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-0-36-57

スポンサーリンク


[ad#co-1]

マーリンズエースとして活躍していた、
ホセフェルナンデス投手。

キューバ生まれで160キロ近い速球と、
スライダーが武器の選手であり。

憧れの選手はイチロー。

14歳の時に見た、
第一回ワールドベースボールクラシック。

日本はキューバに勝利をおさめたのですが、
活躍するイチロー選手の姿をみて、
「会いたい」と夢見たそうです。

その後15歳になったフェルナンデス投手は、
母親とアメリカに亡命。

狭き道を搔い潜り、
見事メジャーリーガーとなったのです。

2013年のナ・リーグ新人王。

今季は29試合に先発し、16勝8敗で防衛率2.86と、
リーグを代表する右腕に成長しました。

通算奪三振率は12,49と、
あのダルビッシュ投手を唯一上回る、
若きエースとして注目されていたのですが…

あまりに早すぎる死。

「嘘であってくれ」と、
突然の悲劇を受け止めきれない、
ファンの声が次々上がっています。

運命的といいますか、
憧れであったイチロー選手と、
チームメイトになったばかりだったのに。

本人が一番悔しいでしょうね。

家族のつらさを思うと、
胸が苦しくなりますが、

心よりご冥福を、
お祈り致します。

スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です