コロンビア飛行機墜落事故の場所は?亡くなったサッカー選手の名前も!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-21-01-46

南米コロンビアの報道員よると、
28日午後10時頃。

同国北西部メデジンの空港から、
約50キロは慣れた山岳地帯で航空機が墜落。

およそ76人の命が、
失われたそうです。

そしてそのチャーター便に乗っていたとされるのが、
ブラジルのサッカーチーム「シャペコエンセ」のメンバー。

一部サッカー選手が犠牲になったそうですが、
場所や名前が気になります。

スポンサーリンク


コロンビア飛行機墜落事故の原因は?

今回の飛行機事故ですが、
最初に見たニュースでは、
燃料切れだった可能性があると報じていました。

しかし今現在確認した所、
事故直前に操縦士から管制塔に、
”電気系統の故障が発生した”と、
報告が入っていたことが明らかになっています。

まだ明確な原因は分かりませんが、
この電気系統の故障…というのが、
理由である可能性が非常に高いです。

・・・・ここからは追記です・・・・

新しい情報によると、
墜落直前機体は悪天候の中、
同じ場所を何度も旋回していたそうです。

選手達が乗っていたのは、
飛行経験の少ないチャーター便であった為、

●ナビゲーションミス
(山の接近に気付かず)
●経験不足
(メデジン付近の空港に慣れていなかった)

といった疑いもあるそうです。

飛行機が墜落した場所が気になる

墜落した飛行機には、
乗客72人、乗務員9人が乗っていたそうです。

航空機はボリビアのラミア航空2933便、
場所はコロンビア北西部、
メデジンの空港から約50キロ離れた山岳地帯。

メデジンの写真をGoogleマップでひいてみましたが、
周囲を山で囲まれています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-20-25-29

ブラジルサンパウロを経ち、ボリビアを経由して、
目地地であるメデジンに向かっていたことを考えると、
おそらく墜落場所は赤枠内のあたりではないでしょうか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-20-40-17

既に76人の犠牲が確認されたそうですが、
1人でも多くの命が助かることを願います。

亡くなったサッカー選手の名前は?

シャペコエンセのメンバーは、
今月30日にメデジンで開催される、
南米クラブ選手権の決勝に出場するため、
現地に向かっていたそうです。

スポンサーリンク


所属する22人の選手のうち、
現時点で救助されたのは、

●アラン・ルシェル
●ダニーロ
●ジャクソン・フォルマン
●エリオ・エルミート・サンピエル・ネト

の4選手のみ。
(他乗務員等2名が救出されたそうです。)
*ダニーロ選手は亡くなりました。

シャコペエンセには、
元柏のクレーベル・サンタナ。

神戸で指揮を執ったカイオ・ジュニオール等、
過去に日本のチームに所属した経験のある、
監督や選手が多数在籍しています。

元福岡のモイゼス選手は、
幸運にも遠征に同行していなかったそうですが、
もしも報道が事実であるなら、
それ以外のメンバーは亡くなったことになります。

セ大阪や千葉でプレーしたケンペス、
元京都のチエゴ、元川崎のマイア等、
信じたくはありませんが、全員が犠牲になっています。

他首脳陣や同行の記者も乗っていたそうなので、
今回の事故機に乗っていた大多数の人間は、
クラブの関係者だったと思われます。

・・・・ここからは追記・・・・

奇跡的に助かったGKジャクソン選手ですが、
治療の仮定で右足を切断。

今後場合によっては、
左足も切断する可能性があるそうです。

DFアラン・ルシェル選手は、
脊椎骨折の重傷を負い現在手術を受けている最中。

またカイオ・ジュニオール監督の息子、
FWマテウス・サローリ選手は、
当日パスポートを忘れ搭乗できず、
奇跡的に助かったことが分かりました。

(GKダニーロは救出されたものの、
残念ながら病院で亡くなりました。)

まとめ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-21-01-46ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00010007-storyfulp-socc.view-003

76人の尊い命が奪われた、
今回の飛行機墜落事故。

スポーツ選手云々関係なく、
とても残念です。

亡くなった選手が、
苦しみなく旅立てることを願いますが。

助かった選手も事故の影響で、
心の病に陥らないか心配ですね。

遠征ということで、
国に残った選手も数人いるようですが、
事実上クラブの運営は無理でしょう。

サッカー大国ブラジルの、
しかも一部リーグで決勝まで進む選手陣ですから、
有望な選手が多かっただろうに・・・

生存者がいたこと自体軌跡ですから、
助かった方には、亡くなったメンバーの分も、
一日一日を大事に生きてほしいと思います。

そしてこのようなことが再び起こらないことを、
真摯に願います。

スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です