ローラカークの脇毛がぼーぼー?画像が話題らしいが実は姉も!?

どうもーモコナです。

なんだか気になるニュースがあり、
目を止めてしまいました。

「脇毛がぼーぼー」

女性なら反応してしまう言葉ですが、
なんでもレッドカーペットに登場した美女。

26歳の女優ローラ・カークさんが、
脇毛の処理をしていなかったことで、
かなり注目を集めたんだそうな。

画像が話題らしいですが、
実は姉もボーボーらしい?

その理由も探ってみました(`・ω・´)”

スポンサーリンク


ローラ・カークのプロフィール

26歳の女優、ローラ・カークさん。

スクリーンショット 2017-01-14 16.28.24名前:1990年9月27日
出生地:イングランド、ロンドン

ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000005-flix-ent

とても美しい方ですが、

学歴も素晴らしく、
なんとあのハーバードを卒業しています。

父親はロックドラマーとして知られる、
サイモン・カーク。

母親はロレイン・カークで、
ヴィンテージブティック「ジェミノラ」の所有者であり。

あの大人気シリーズ、
「セックス・アンド・ザ・シティ」にも、
数々の衣装を提供しています。

ローラ・カークの脇毛画像

さてさて話題の、
ローラ・カークさんの脇毛画像

スクリーンショット 2017-01-14 16.23.43

可愛らしいピンクのワンピースですが、
よく見るとワキのあたりがふさふさしています。

アップの画像がこちら。

→『脇毛画像

まず最初にいっておくと、
私は女性が脇毛を伸ばしていようが、
剃っていようが全く気にしません。
(本人の自由だと思うので)

スポンサーリンク


まあ日本では剃っているのが当たり前…

といった雰囲気があるので、
一応綺麗に脱毛してありますけど。

友人の脇毛が生えていた所で、
「剃らない派なのね♪」って感じですよね。

ローラさんが脇毛を伸ばしているのには、
ちゃんと理由がありまして。

フェミニストである為に、
その活動の一環として、
このような状態でレッドカーペットに登場したそうです。

フェミニストというのは、

女性に対する差別や不平等の解消を唱える人

という意味でして、
ローラさんが脇毛を生やして登場したのは、

「女性だからってなんで脇毛を剃らないといけないの?」

という訴えなんでしょうね。

まあ確かに男性はぼーぼーOKで、
女性がNGという理由を明確に言えといわれても、
単純に見栄えの問題としか応えられません。

海外では脇毛をピンクやブルーに染め、
個性を出す人もいるらしいですし。

もちろんどの国も意見は別れるでしょうが、
日本よりは受け入れられやすいのかな?

実はローラの姉も!?

ローラには2人の姉妹がおり、
名前をジェマイマ、ドミノといいます。

そしてローラと同じように、
ジェマイマも脇毛を生やした状態で、
メディアの前に姿を表したことがあるそうです。

スクリーンショット 2017-01-14 16.51.44ソース:http://www.cinematoday.jp/gallery/E0010717/04.jpg.html?g_src=N0088906

ビーチバレーとかの試合でも、
ワキ毛が処理していない選手が多いそうですし。

海外では自然のままの姿を愛す人が、
多いのかもしれないですね〜

まとめ

大学に入ってから私は脱毛したんですが、
それまでは本当に毛に困ってました。

結構毛深かったんで、
毎日剃るのがめんどくさかったんですよね。

しかもバスケしていたんで、
剃り忘れるとユニフォームの時大変で・・・

ディフェンスをする時なんか、
腕を小さくあげてなんとか隠してました 笑

まあ自分が思っている以上に、
人は他人の毛なんか見ていないんですがね。

自分の主張を堂々とできる女性って、
本当素敵だなーと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です