小野塚彩那(ハーフパイプ)父親&母親が凄い?実家勝田屋の場所も!

どうもーモコナです。

スキーハーフパイプの小野塚彩那(あやな)選手が、
金メダルを獲得しました。

日本選手のハーフパイプ優勝は、
男女通じて初の快挙。

●小野塚彩那の父親&母親が凄い?
●小野塚彩那の実家(旅館)の場所

等々、一体どんな選手なのか、
早速探ってみましょ☆

スポンサーリンク


スキーハーフパイプってなに?

スキーハーフバイプで、
見事金メダルを獲得した小野塚彩那選手。

小野塚さんについて調べるのは、
もちろんなんですが…

そもそもスキーハーフパイプって何?
という残念な私。

まずはそっちを調べたんですが、
よくスノボとかで見る、
半円形のコースを滑りながら、
空中で技を披露する競技なんですね。

こちらスキーハーフパイプの、
youtube動画ですが、
スノボより若干安定感のある滑り。

→『youtube

スキーは大好きだけど、
こんな競技があるというのは、
今回始めて知りました。

小野塚彩那のプロフィール

無知な私に付き合わせて、
すみませんでした( ;´Д`)

という訳で改めまして、
スキーハーフパイプの小野塚選手に注目。

小野塚彩那
生年月日:1988年3月23日
出身地:新潟県
身長:158センチ
体重:50キロ
最終学歴:専修大学
所属:石打丸山スキークラブ

ソース:日本オリンピック委員会

金メダルを獲得したのは、
スペインシエラネバダで開かれた、
スキースノーボードフリースタイルの世界選手権。

2014年のソチオリンピックでは、
銅メダルだった小野塚選手ですが。

今大会ではソチで金銀を獲得した選手を抑え、
見事金メダルを捉えました。

小野塚選手は89.80、
2位のフランスマルティノ選手は87.00。

マルティノはソチで銀を取った選手ですが、
最後の回転で手をついたことが勝敗を分けました。

16日の予選では2位でしたから、
プレッシャーもすごかったでしょうに、
最後まで安定した滑りを見せた小野塚選手は、
技術はもちろんのこと、メンタルが素晴らしい。

「素直に嬉しいです。」

「今シーズン勝ちがなかったから、
最後の最後にとれて本当に嬉しい」

と涙ぐみながらインタビューに答えてましたが、
本気で戦った方の涙というのは美しいですよね。

社会人になると、
中々なにかで競い合うってことはないですが、
自分も何かに挑戦したいなーとか、
ちょっと思っちゃいました♪

小野塚彩那の父親&母親

小野塚彩那 ハーフパイプソース:時事通信

2歳からアルペンスキーを始めた小野塚選手。

3歳の頃には上級者向けの急なコースを、
ガンガン走っていたそうですが、
3歳で上級者コースってちょっと想像が…

スポンサーリンク


私もちょうど2歳の頃からスキーを経験し、
小さい頃はよく「豆弾丸」なんて呼ばれてましたが、
さすがに上級者コースに入れたのは、
小学校入ってからでしたからね。

一体小野塚選手の両親は、
どんな人なんだろう?と思ったら、
父親は国体出場経験もあるジャンプ選手、
母親はアルペンスキーヤーですって。

めっちゃサラブレッド!!!

小学生の頃は長所を伸ばす為に、
トランポリンの練習にも力を入れていたようですが、
そういった地道な経験が、
今の滑りを造り上げているんでしょうね〜

元技術系スキーの選手だった小野塚選手が、
ハーフパイプへ本格的に転校したのは2011年。

2014年のソチから、
ハーフパイプが正式種目になると聞き、
世界」を目指す為に決意したことでした。

言えるのは、この3年間。

もう3年切ってる。

この期間は

オリンピックの為にがむしゃらにいきたいと思っています。

上の言葉は小野塚さんが自身のブログ、
『ayana…』に書き記した言葉ですが、
転向後わずか3年で世界銅メダル。

6年後たった今では、
世界のトップ、金メダルですから!!!

目標って誰しも立てるけど、
その舞台が”世界”であり、
実際その頂点に立っちゃう人なんて稀ですよね。

これぞまさに有言実行。

わたしゃー目標をすぐに忘れる人だから、
本当こういうお方を尊敬してます( ;´Д`)

小野塚彩那の実家勝田屋の場所は?

小野塚さんの実家ですが、
新潟で旅館を経営しておられます。

四季を楽しむ宿『勝田屋旅館』。

場所はなんと、
石打丸山スキー場内。

小野塚彩那 実家 勝田屋ソース:http://www.katsutaya.jp/access.htm

東京から行く場合は、
東京駅から上越新幹線に載って、
越後湯沢駅まで1時間5分。

そっから車で、
10分でいける距離のスキー場なんで、
都内の人でも行きやすい場所だと思います。

母方の実家が経営する旅館だそうですが、
スキー選手の実家がスキー場にある旅館って、
なんか凄いなーと。

ハーフパイプ転校時、
スポンサー探しに奔走する彼女を、
資金面で支えたのが『勝田屋』の常連客達であり。

後援会を立ち上げてサポートしてくれたそうですが、
両親、環境と、なんか全てが恵まれている感じ。

なにより小野塚さんの日々の努力と、
周りを巻き込める人間性も素晴らしいけど。

やっぱり1つ1つの要因が繋がって、
今回の金に繋がっているんでしょうね。

まとめ

以上スキーハーフパイプで金を取った、
小野塚彩那選手についてでした。

いやはやー有言実行素敵。

今シーズンは金で〆という、
最高の終わり方でしたが。

最後の最後に勝つっていうのが、
本当にかっこいいと思います。

このままの勢いを来シーズンに繋げ、
平昌オリンピックではぜひとも再び、
日本に金メダルをもたらしてほしいですね☆

関連記事

→『氷上の女優と呼ばれたあの人の今が壮絶?

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です