スポダン(2016)の優勝者を予想!新種目ジャイアントクリフとは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-14-25-42

きたよきたよー
究極の男を決める、
最強スポーツ男子頂上決戦。

毎回テレビ画面にへばり付く勢いで、
見入っている私ですが、
今回はまた新しい競技が加わるらしい。

一体どんな内容なのか・・・

スピードキング佐野岳は、
果たして前人未到の3連覇を果たす事が、
できるのでしょうか!!!!

*ラストに細かい試合経過搭載しました。

スポンサーリンク


スポダン2016のメンバーをチェック

スポダン歴代優勝者を振り返る前に、
まずは今年のメンバーをチェック致しましょう。

優勝候補の佐野岳君を筆頭に、
気になる選手をまとめてみました。

(個々の見出しを押せばページに飛びます)

⇒『一番の優勝候補!?佐野岳くん

スポダン

⇒『向井理似ハイスペックイケメン呂敏

スポダン
⇒『石原軍団の刺客?期待の新星神田穣

スポダン

⇒『体脂肪率8%の王子、横浜流星

スポダン

⇒『毎日プロテイン!ハーフイケメン才川コージ

スポダン

⇒『マジプリの筋肉担当!平野泰新

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-12-20-47

⇒『コロッセオの鉄人の息子!野村祐希

スポダン

⇒『2016年のMr,ジャパン山岸将也

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-08-02

⇒『見せる筋肉か戦う筋肉か、小嵐健太

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-19-18-11

⇒『レジェンド池谷直樹!飛べなきゃ引退?

スポダン

スポダンの歴代優勝者

今回で6回目となる、
最強スポーツ男子頂上決戦。

「壮絶筋肉バトル!スポーツマンNo.1決定戦」
の後釜であることは知る所ですが、
初回放送日は2012年の11月。

総勢16人が出場し、
最終種目進出者が6人。

ここで優勝したのが、
前人未到の3連覇を狙う佐野岳さんです。

スポダン 優勝者ソース*http://mdpr.jp/news/detail/1552017

第2回目は2013年4月、
16名のうち最終に残れたのは6人。

スポンサーリンク


ここでは今大会の優勝候補の1人、
森渉さんが優勝しています。

スポダン 優勝者 [ad#co-1]

第3回は2013年12月。

16名の出場者のうち、最終に進めたのが2名と、
大会史上最も過酷を極めた戦い。

優勝したのは奇抜な髪型でおなじみの、
関口メンディーさん。スポダン 優勝者

前回は2位と、
佐野岳さんにギリギリの所で敗れましたが、
EXILE魂で見事優勝を勝ち取りました。

第4回は2014年12月。

総勢16名中最終に進めたのが3名、
優勝したのは関口メンディーさん。

初となる大会2連覇を記録しています。

第5回は2015年12月、
出場者16名中最終に残ったのが3人。

優勝者は第一回で優勝を掴んだ、
佐野岳さんです。

関口メンディーさんにとっては、
3連覇をかけた大切な戦い。

15P差で惜しくも敗れますが、
最後まで素晴らしい戦いを見せてくれました。

スポダンに新種目が追加!?

新しく加わる競技の名前は、
ジャイアントクリフ」。

頭にジャイアント白田が浮かんだのは、
ここだけの話ですが、名前からして強そうな感じ。

登り坂、壁、フェンスという3つの難関を
いかに早くゴールするかを競う新種目

ということで傾斜45度の急な坂をよじ上り、
1.5、1.8、2.1mの3つの壁を突破。

一息つく間もなく、
最後には高さ10mのフェンスが待ち受けます。

フェンスといえばやはり佐野岳さんの、
驚異のスピードに期待したい所ですが、
果たして結果はどうなるのか…

ちなみに全種目は、
以下の通りとなっています。

①モンスターボックス
②ヘビープレス
③ジャイアントクリフ
④ハードジャンパー
⑤パワーウォール

スポダン2016の優勝は誰の手に?

スポダン2016

スポダン2016の優勝者ですが、
私は森渉さんと佐野岳さんの、
2人の戦いになると思っています。

新メンツがどこまで戦えるのか、
そこが非常に楽しみですが。

やはり過去5大会中3度最終に残り、
1度優勝した森さんのパワーはヤバいです。

佐野さんにとっては3連覇がかかった戦いですから、
今まで以上に完璧に。

まさしく”最強”の状態で、
仕上げてくるのではないでしょうか!!!

詳しくは番組が放送され次第追記しますが、
もしよければ皆さんも誰が優勝すると思うか、
コメント欄で教えて下さいね。

試合経過報告

モンスターボックスは初参加の、
平野たいしん君が優勝しました。

結果は22段。

池谷直樹さんは、
まさかの19段という記録です。

へビープレスアは最初こそ落ちましたが、
1回戦は余裕の表情で野村祐希さんが優勝。
2回戦は苦しい表情を見せながらも、
池谷直樹さんが優勝。
3回戦はコージサイカワさんが優勝。
4回戦は小嵐さんの優勝でございます。

決勝では池谷さんがまず破れ、
ちょっと泣きそうになりましたが、
やっぱり年齢には勝てないんですかね。

背筋No.1の小嵐も苦戦、
そんな中勝ち残ったのは、
コロッセオの鉄人の息子野村祐希。

コージさんも最後まで頑張ってましたが、
やはり偉人の子は偉人でした。

第3回戦は新種目ジャイアントクリフ。

1回戦はモンスターボックスで優勝した、
平野たいしん君が優勝。

坂で1回バランスを崩しながらの優勝ですから、
これはスゴイスピードです。

2回戦は神田穣くんが頑張るも、
佐野岳君が圧倒的な早さで優勝。

3回戦は井上正大さんが、
優勝しました。

4回戦は最初こそ野村くんがトップになりますが、
45度の壁で山岸将也さんが早さをみせ優勝。

決勝ではスピードスター佐野を、
誰が抑えられるかという戦い。

優勝したのは・・・・
まさかの山岸将也さんでした!!!

これはかなり意外な戦い。

今回は初出場の選手達が、
想像以上に強いです。

第4回戦はハードジャンパー、

1回戦で池谷さんが101回で脱落し、
森渉さんが優勝。

2回戦では平野たいしんくんが、
タイミングをが間違え即脱落。

横浜流星くんが、
優勝しました。

3回戦は野村祐希君が優勝、
4回戦は82回で佐野岳が優勝。

決勝は気力の勝負となりましたが、
僅差で佐野岳さんが優勝。

森渉さんは本当に惜しかった。

佐野さんはハードジャンパー、
2大会連続優勝ですね。

第5種目目はパワーウォール

山岸将也VS佐野岳は山岸の勝利
森渉VSコージサイカワは森渉の勝利
池谷直樹VS野村祐希は野村の勝利
平野たいしんVS横浜流星は横浜の勝利
山岸将也VS森渉は森の勝利
野村祐希VS横浜流星は野村の勝利

決勝は森渉VS野村祐希は野村。

ショットガンタッチで争う、
選ばれし選手は以下の3名。

1、野村祐希さん
2、佐野岳さん
3、森渉さん

それぞれが全力でぶつかりあっていましたが、
最後の戦いを勝ち抜いたのは…佐野岳さん!

やはりスピード勝負に強いのと、
運の強さがものをいいましたね。

前代未聞の三連覇、
本当におめでとうございました!

スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です