山本哲央(自転車)の出身中学・大会成績について!進学する大学はどこ?

どうもーモコナです。

韮崎高校の3年生。

たった1人の自転車部の部員、
山本哲央さんが全国大会で優勝し話題を集めています。

今回山本さんが優勝したのは、
第40回全国高校選抜自転車競技大会のロードレース。

自転車を始めたきっかけがユニークなんですが、
いったいどんな人物なのか、
本日は過去に出場した大会(ロードバイク)での成績

出身中学や、
進学する大学についてまとめました♪

スポンサーリンク


山本哲央の大会成績

 

山本哲央ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000021-asahi-soci.view-000

今年3月に熊本で開催された、
第40回全国高校選抜自転車競技大会。

熊本地震復興支援として、
行われている今大会。

コースは上り2カ所と平坦区域があり、
1周は11.1km。(男子は7周)

最終周の上り区間でトップに出た山本選手は、
そのまま自分のペースで独走しゴール。

2位は同じく山梨県の高校である、
甲府工業の依田翔大選手です。

ちなみに2人のタイムの差ですが、
山本選手が2時間4分45秒、
依田選手が2時間5分15秒なんで、
その差僅か30秒。

山梨勢がワンツーだなんて、
なんと嬉しいことか。

あと今回なにが一番嬉しいかって、
私の母校なんですよ、韮崎高校。

Yahoo!のリアルタイムに韮高が出た時は、
なにごとかと思いました 笑

たしか私がいた時は、
自転車部なんてなかったはずだけど…

と思って調べたら、自転車部というのは、
山本さんが立ち上げたんですって、
高体連登録も昨年9月にしたばかり。

過去の大会成績についても調べたのですが、
あまり多くの情報がなく、
分かったのは以下の大会のみです。

●2016年6月12日

「富士の国やまなし」
第13回Mt.富士ヒルクライム
男子12~18歳ジュニアの部1位
タイム1時間3分40秒(25キロ)。
ソース:「順位表

●2016年11月6日

第85回全日本自転車競技選手権大会ロードレース
男子U17+男子U15の部7位
タイム43分54秒(28.4キロ)。
ソース:「順位表

ちなみに全日本大会でのトップとの差は一秒以下です。

自転車を始めたきっかけが面白い

山本哲央さんが自転車を始めたのは、
韮崎高校に通いだしたのがきっかけ。

というのも最寄り駅から、
韮崎駅までの通学定期代が13万円。

これなら自転車の方が安いと、
母親に9万円のロードバイクを買ってもらったんです。
                 (参考画像です)

東京とかと違って、
田舎は駅と駅が遠いですから、
通学距離は片道10キロちょい。

毎日山道を走るうちに、
だんだん楽しくなってきて今に至る訳ですが、
色んな意味で大正解ですよね。

スポンサーリンク


だってお金の節約になるし、
ロードバイクを買ってなきゃ、
今の山本さんはいませんもん、
お母さんもニンマリでしょう。

片道10キロ、
計20キロ。

普通の人ならただの遠い通学路が、
練習時間として利用できるなんて一石二鳥。

最近では本格的なトーレにングも初め、
週末は笛吹市の境川自転車競技場での、
高校生の合同練習に参加。

また毎日のトレーニングに関して、
朝日新聞の取材には、

ほぼ毎日、標高約870メートルの金桜神社まで坂道を登っていく。茅ケ岳の北東にある観音峠(標高約1390メートル)まで走ることもある。自宅と観音峠の標高差は約1千メートルで、そうしたアップダウンのある道路を一日約60キロ走る。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000021-asahi-soci

と話していますが、
自転車通学の練習は雨の日も欠かさず。

また練習のコースやメニューは、
1人で考えているとのこと。

何が一番凄いって、
この辛く地味な練習を、
1人で継続してきた精神力に脱帽。

しかも自己流の練習で、
全国大会で優勝ですから!

「リアル弱虫ペダルだ」

なんて声が沢山上がっていますが、

●才能を開花させていった
●上り坂に強い

という意味でも、
まさにその通りだと思います。
(山本さんの強みは登りのパワー)

⇒「弱虫ペダル コミック 1-45巻セット

山本哲央の出身中学・大学について

自転車 

山本哲央さんの出身中学
そして今後進学する大学についてですが。

自宅が竜地ってことなんで、
多分中学は双葉中学校の出身ではないでしょうか?
(あくまで予想です。)

近場ということもあって、
双葉中から韮高に行く人はかなり多いですしね。

甲斐市立双葉中学校は、
石原さとみさんや山田孝之さん等が出演した映画。

「H2~君といた日々」
のロケ地として校庭が使われたこともあるんですよ。

現在高校3年生ということで、
来年は大学に進学する訳ですが、

「大学進学後はさらにロードレースの道を極めるつもり」

とのことなんで、
恐らくそういった分野が強い、
強豪校に進むのではないかと思います。

山梨の近くでロードバイクが強いとなると、
まず浮かぶのは東京にある日本体育大学。

ここ最近は鹿児島にある、
鹿屋体育大学に敗れてしまってますが、
元々最強と言われていたのは日大ですから!

実家が山梨であることを考えると、
いきなり鹿児島っていうのは遠いですし、
今回は『日本体育大学」と予想してみました。

全国大会優勝となれば、
スポーツ推薦でもいけそうだけど…

期待の新鋭として注目を集めているので、
入学した場合は話題になりそうですね。

まとめ

以上山本哲央さんについてでした!

母校の生徒がフィーチャーされると、
なんかドキドキというかワクワクします 笑

今後道を極めていくなかで、
色んなことがあるでしょうが、
韮高の校訓は「百折不撓」。

たとえ幾度失敗しても、
決してくじけず志を変えない。

山本さんにはそんな、
素敵な選手になってほしいです。

こんな記事も話題です。

⇒『小学生横綱山下くんが強すぎる!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です