韓国旅行で12月~1月におすすめな服装は?気温(寒さ)について!

こんばんは〜

韓国から帰国し、
風邪をこじらせました。

原因ははっきりしていて、
服装選びを間違えたからです。

旅行に行く際に悩む、
「どの程度防寒するか」という問題。

今回は実際に旅行した私が、
体感した気温おすすめの服装をお伝えします。

スポンサーリンク


韓国の気温(寒さ)について

韓国旅行から帰国しました〜

今回は韓国語がペラペラな友達、
また現地に住んでいる方々と遊んだので、
とっても充実した旅行となりました♡

女性5人に、
男性が1人。

男性は韓国の方だったので、
もうね、レディーファーストが素晴らしかった。

あんなに男性の優しさを感じたのは、
人生初です。

これについては、
ぜひ別の記事でまとめたい( ꒪Д꒪)ノ笑

驚きの体験でしたが、
一番驚いたのは韓国の気温

日本と近いから、
気温も同じくらいだろう。

なーんて気軽な気持ちでいったら、
めっちゃめちゃ寒かった。

まさに極寒。

特に夕方からの冷え込みが凄まじく、
体の芯から冷えました。

私が無知だったのですが、
韓国の冬は日本よりかなり冷え込みます。

最低気温0度とかは当たり前、
12月を超えるとさらに冷え込み、
1番寒い1月は平均気温も零下です。

韓国の女の子は、

「韓国人の着込み方は異常」

なんて笑ってましたが、
とにかく皆暖そうな格好をしています。

”骨身にこたえる”

とはいいますが、
着込んできた友人も寒さに震えていたので、

「現地で買えばいい」

という方は別として、
冬の韓国を楽しむ為には、
服装”が重要なポイントとなりそうです。

おすすめの服装

韓国では11月半ばから、
気温が一気に下がります。
日によっては11月でも、
最低気温が零下。

特に1月に向けて冷え込むので、
旅行に行く方は十分気をつけてください。

私は帰国してからだったのでいいですが、
現地で風邪をこじらせたら、
せっかくの旅行が台無しですからね。

っということで服装ですが、
トップスはタートルネックなどの、
首元を保護できる服装がおすすめ。

よく聞くことではありますが、

”首、手首、足首”

この3つの首を守ると、
暖かくすごくことができます。

というのもこの3点は皮膚が薄く、
温めることで皮膚下の血液も温まり、
それが全身を巡って体温が上がるんですって。

タートルネックなどの、
ハイネックな服は苦手・・・

という方もいるでしょうが、
そういう方はマフラーを必ず巻きましょう。

服装選びを間違えた私は、
現地でタートルネックを購入したんですが、
タートルネックを買って本当に良かった。

暖かさに幸せを感じ、

「タートルネック・・・ありがとう」

と感謝の言葉まで漏れました。

今や誰もが持っている「ヒートテック」、
又の名を「ババシャツ」もいいですね。

旅行慣れした友人は、
当たり前のように持ってました。

彼氏とのデートであれば、
頑張って足を出す服装もしたいでしょうが、
寒さに弱い方は絶対やめた方がいいです。

もしどうしても頑張りたいなら、
中にホッカイロを大量に仕込むか、
アウターを防寒機能の高いものにすべき。

そして足元はムートンブーツ、
ボアブーツなどにしましょう。

冬は道が凍って滑りやすくなるので、
その点も注意が必要です。

男性に至っても、
服装の注意点は同じ!

スポンサーリンク


耳あてをつける方も多いそうなので、
耳あて+帽子があれば、
もう言うことなしですね(ノ´ー`)ノ

気をつけること

これは日本でも同じですが、
室内と室外の気温差はかなりあります。

室内は暖房が効いていて、
温度は大体25度前後。

快適に過ごせる設定となっているので、
中に着込みすぎると室内が暑くて最悪です。

気温差が激しいと、
体調を崩す方もいますよね。

なのでオススメとしては、
アウターを着丈の長い厚手のものにして、
ホッカイロ&マスクの活用。

アウターならぬぎ着で調整できますし、
ホッカイロも枚数で調整できるからです。

ちなみに韓国を旅行している時、
マスクをしている人はあまり見かけませんでした。

特に日本では定番の、
白いマスクをしている人はほぼおらず、
していたとしてもこんな黒いマスクの人ばかり。

韓国のアイドルの方々も、
よく黒いマスクしてるから、
流行りなのかな?

中国では空気汚染が深刻で、
マスクが飛ぶように売れているそうですが、
なぜ隣国の韓国はマスクを着用しないのか。

気になり現地の方に聞いてみると、

「韓国人は環境汚染とかに興味がないのよ」

とおっしゃっていました 笑

あくまでその女性の意見ですが、

空気が汚いから〜

なんて理由で、
マスクをすることはないそうです。

女性に警告

気温が低いのもありますが、
室内外共にとにかく空気が乾燥しています。

普段あまり乾燥しない私の肌も、
ボディークリームを塗ってもカッサカサ。

乾燥肌の私の友人は、
悲鳴をあげていました。

顔、体の保湿クリームは必須として、
小さな持ち運び用のフェイスミストがあれば、
こまめに乾燥対策ができていいな〜と思いました。

気づいた時にシュッシュッとすれば、
乾燥はもちろん化粧崩れも防げますもんね。

まとめ

以上韓国旅行に行く際の、
おすすめの服装でした!

私と友人は11月の寒さを経験し、
12月1月は旅行は無理と判断しました 笑

気温とは関係ないんですが、
韓国旅行に行く際のスーツケースのサイズ。

旅行会社によって重量制限があるので、
その点は注意してほしいですが、
大きいサイズのものがおすすめです。

美容品や現地のお菓子。

韓国は服も可愛くて安いので、
女性は特に大きいもので行くことをおすすめします。

私は今回レンタルで、
スーツケースを借りたのですが、
結局6000円くらいかかりました。

調べてみると1万円以内で買えるので、
長い目で見たら買ったほうが断然お得!

しかも最悪なのが、
帰宅後クリーニング代を請求されたんです。

もう絶対レンタルなんかしない。

旅行好きの友人曰く、
土産品を入れることを考えると、
7泊用以上はあった方が便利ってことなんで、
色も豊富だしこれとか最高だと思います。

→「割れにくくて超軽量

重いとそれだけで疲れるんで、
多少値が上がっても絶対軽いモノがいいですよヽ(´ー`)ノ

関連記事

羽田空港近くで女子におすすめのホテル

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です