るろうに剣心新章(北海道編)の続編はどうなるの?休載との声も

るろうに剣心の作者である、
和月先生がまさかの書類送検。

「小学校高学年から、
中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」

とだいぶショックな出来事ですが、
何より気になるのは18年ぶりに始まった、
「北海道編」の行方です。

るろ剣全巻を読み直して、
ワクワクしていたのに。
ここにきてこの報道は痛すぎる。

今後に関する情報など、
随時追記していこうと思います。

*情報を追記しました。

スポンサーリンク


北海道編のあらすじ

9月4日発売のジャンプスクエアより、
ようやくスタートした,
「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」。

どうして剣心が北海道に?

なんて声を見かけましたが、
元々るろうに剣心は、

「東京編」
「京都編」
「人誅編」
「北海道編」

の4部構成の予定であると、
和月先生が話しているんです。

ただ「人誅編」で過去と蹴りがつき、
話として一区切りついたので、
北海道編は描かれることもなく。

幻と言われていたのが、
今回スタートした北海道編です!
まだチェックできていない方、
これからしようとしていた方の為に、
公式HPより前回までのあらすじを載せておきますね。

 明治十六年。剣心が不殺を誓った流浪人として東京に流れ着いて5年。神谷道場に、剣心の宿敵・志々雄の遺刀「無限刃」を継ぐ青年・明日郎と、白人との混血児・阿爛、更に謎の女・旭を道場に迎え、かくも平穏な日々を過ごしていた。

そんな中、西南戦争で死んだはずの薫の父・越路郎が北海道・函館で生きていることが判明。剣心と薫は越路郎を迎えに函館に行く事を決める。

剣心たちが函館に向かうことを決めたその頃、函館山では「劍客兵器」を名乗る謎の武装集団が陸軍相手に大虐殺を繰り広げていた。そんな彼らの前に立ちはだかったのは、かつて剣心とも刃を交えた元新選組・斎藤一だった。斎藤の強さを感じ取った劍客兵器は「敵味方問わず今より始まる“試み”に強き剣客は心より歓迎する」と意味深な言葉を贈る…。

スポンサーリンク


一方剣心たちは、函館行きの準備を進めていた。北海道行きのメンバーは剣心、剣路、薫、そして弥彦…と思っていた剣心達だが、弥彦は神谷道場の師範代として残る意志を見せる。弥彦の師範代としての矜持を認める剣心は、その意志を尊重するのだった。けれど薫は、剣心の体が徐々に飛天御剣流の技を撃てなくなっているのを考慮して、弥彦に同行してほしいと考えていた。その考えを見抜いていた弥彦も、剣心はこの旅においても困窮している人を見たら飛天の剣と共に必ず闘うだろうと考えていた。

それでも間近で剣心の体力の衰えを感じ、不安に思っている薫を見た弥彦は、「薫が弥彦に道場を任せるのを不安に思っている」という名目で、剣心に腕試しの試合を申し込み――!?

ソース:http://jumpsq.shueisha.co.jp/rensai/rurounikenshin/

るろ剣の新章「北海道編」はどうなる?

書類送検された和月先生。

大きすぎるダメージに、

「終わったな」

という声が多くあがってますが、
連載再開を記念する記念グッズや、
企画もスタートしているそうなんで、
業界には大きな影響が出そうとのこと。

実写映画最新作も予定されていましたが、
今回の一件で完全に暗礁に乗り上げたそうです。

人気漫画の実写化としては、
奇跡的な程バッシングの起こらない、
良作だったのに・・・

映画のクランクインも、
来年を予定していたんですって。

ジャンプスクエア、
次号発売日は12月4日。

現時点で連載がどうなるのか、
休載となるのかといった話は、
集英社からは出ていません。

:追記:

るろうに剣心の続編ですが、
12月4日発売号より、
当面の間休載することが決定しました。

過去に警察沙汰になった漫画家として、
「トリコ」の島袋先生が記憶にありますが、
その際連載中の作品は打切り。

すでに発売されていた漫画も、
絶版となりました。

るろ剣の発売中の漫画は、
果たしてどうなるのか。

現在協議中であり、
対応に関しては未定となっています。

 

罪について

児童ポルノの単純所持は、
2015年7月から処罰の対象になりました。

そういったことの目的で、
18歳未満の子供の児童ポルノを、
所持・保管した場合。

1年以下の懲役、
または100万円以下の罰金が科されます。

罰金の額は小さいですが、
今回の一件で生じる金額は、
その何倍にもなりそうですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です