妻に捧げた1778話の内容やあらすじは?購入方法や店舗をチェック!

カズレーザーさんがおすすめしたことで、
話題沸騰中の「妻に捧げた1778話」。

ぜひ欲しいと近くの書店に走りましたが、
見つけることはできませんでした 泣

11月16日放送のアメトーク。

「読書芸人」で紹介されたのですが、
放送を受けて大反響なんですって。

一体どんな内容なのか、
店舗や購入方法。

おおまかな内容や、
あらすじをまとめてみました。

スポンサーリンク


カズレーザーおすすめ?

秋の人気シリーズ「読書芸人」。

毎回いい作品と出会えるので、
注目している回なんですが、
今回一番気になったのが、
カズレーザーさんが紹介した作品。

妻に捧げた1778話

光浦靖子さんが、
最終話のページを読んだだけで、
涙腺をもってかれましたから!

宮迫さんも激推ししてたし、
これは絶対ゲットしたいところ。

プライム会員の私は、
まずAmazonを調べたんですが・・・

嘘みたいな値段の高騰。

あっちゅうまにベストセラーになり、
私が見た時は中古で9800円でした。

売っている値段が700円とかですから、
ありえない程高いよー

ないないと思って店舗をはしご、
だけど全然ないんです。

人間って不思議で、
どこの店に行ってもないから、
もう買っちゃおうかな〜

なんて一瞬思ってしまった(ーー;)

妻に捧げた1778話のあらすじ、内容

2004年に発売された、
「妻に捧げた1778話」。

著者は眉村 卓。

余命1年と宣告された妻のために、
小説家である夫が毎日一篇の話を執筆し、
妻に読ませます。

5年間頑張った妻が亡くなった日、
最後の原稿の最後の行に夫が書いたのは・・・

本書には妻のために書かれた、
1778篇の中から厳選した19篇。

そして妻との闘病生活と、
40年以上にわたる結婚生活を振り返る、
エッセイが収録されています。

愛する妻のために、
毎日1つの小説を書く。

毎日書くだけでも大変なのに、
それが全て違う話というのは、
奥さんの為だったからこそ、
できた事なのかなと思いました。

奥さんが亡くなった日に書いた、
1778話目。

カズレーザーさんも、

「本当に読んでほしい」
「15年ぶりに泣いた」

と力説していましたが、
一体1778話目には、
どんな事が書かれているんでしょうか?

購入方法や店舗情報

話題を集めた事で、
店舗ではほぼ完売情報。

SNSなどにも私同様、

「店舗をはしごしたけど、
見つける事が出来なかった」

という声が相次いでいます。

有隣堂などの大型店にも、
電話をかけて確認しましたが、

「入荷がストップしていた」

という事で、
流石カズレーザーさんが、
選んだ作品なだけあるなーと思いました。

店舗で出会えるのは、
もはや運頼みという感じですが、
反響を受け新潮社も即対応。

現在急いで、
重版を行なっているそうです。

「新潮社に在庫があれば、
店舗には10日程で届く」

と答えてくれた店舗もありましたが、
重版中となるとうちの町にくるのはいつになるのか。

早く読みたいという方は、
電子書籍で買ったほうが早いと思います。

有名どころだと、
やはりKindle。

端末を使わないと読めないの?

と思っていましたが、
どうやら携帯でも読めるらしい。

オーマイガ

全然知らなかったよー(((( ;°Д°))))

*現在はアマゾンで親書が購入できます。

携帯での読み方

使い方は簡単。

まずは携帯に、
kindleのアプリをダウンロードする。
(ストアでKindleと打てばすぐ出ます。)

スポンサーリンク


出来たらAmazonで、
Kindle版の「妻に捧げた1778話 」を購入するだけ!

今までなんとなーく避けてたけど、
こんな楽なら早くやればよかったよ。

持ち歩く時かさばらないし、
何より何店舗も歩いた私の努力・・・

電子書籍版だと600円なので、
値段も少しお得ですね。

もっと読みたいという方へ

先ほども書いたように、
「妻に捧げた1778話」
に収録されているのは、
厳選された19篇だけです。

他の作品も読みたい!

という方は多いでしょうが、
「僕と妻の1778話」でも、
一部である52篇を読む事ができるようです。

タイトルが似ていますから、
「妻に捧げた1778話」を欲しい方は要注意。

こちらも評価が高いので、
「妻に捧げた1778話」を読んで、
もっと読みたいと思った方は、
ぜひ購入して見てください。

電子書籍の場合お値段は600円。

文庫だと648円なので、
少しだけお得です。

まとめ

年間200冊の本を読むというカズレーザーさん。

そのチョイスの渋さと、
書評の面白さは、
出版社や作家さんからも、
注目を集めているそうですよ。

それだけ本を読むにも関わらず、
家に本棚は無し。

毎回20冊くらい溜まったら、
後輩にあげるか売るかして、
すぐ処分してしまうんですって。

ちょっともったいない気もしますが、
読みたくなったらまた買うそうでして。

「それで著者の人にお金が行くのが、
正しいと思う。」

というかっこよすぎる発言を、
確か去年のアメトークの、
同コーナーでされています。

そんなカズレーザーさんが、
15年ぶりに泣いたと力説した本。

書店に並ぶまで待てない!
という方は、ぜひ電子書籍で(ノ´ー`)ノ

これを機に、
電子書籍ハマっちゃいそうだな。

妻に捧げた1778話

こんな記事も話題です。

→「新時代?ドールモデル橋本ルル

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。今回の情報がお役に立てれば幸いです。いいね!やツイートで情報をシェアして頂ければ、今後の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です